趣味と実益を兼ねる副業が理想

副業をしたいと考えている人にとって、「理想の副業」について考えてみることはとても大切なことです。副業に関しては、ある意味本業以上にちょくちょく仕事を変えてしまうことにデメリットがあるといえるからです。単に「興味がある」とか「やってみたい」とか「収入がよい」といったファクターで副業を選択するのもよいですが、やはり、そこに「やりがい」や「充実」などがともなったとき、これは非常に「理想的な副業」であったと思うことでしょう。そういう副業であれば、間違いなく長く続けられるはずです。

これは本業にも言えると思いますが、やはり、「自分が好きなことを仕事にできる」というシチュエーションがもっとも「理想」に近い副業なのではないかという気がします。もちろん、そこに「収入」のファクターがついてくれば、その理想度はさらに上昇することになるでしょう。

「自分が好きなこと」は往々にしてこれを「趣味」とする人は少なくないはずです。そう考えると、「趣味と実益を兼ねた副業」であれば、かなり理想に近づくといえるのではないでしょうか。もちろんそういったシチュエーションで仕事をできる人というのは、本業にしても副業にしてもそれほど多くありませんが、実現している人の多くは、そういった仕事を「理想」と感じているのではないでしょうか。